人事考課の目的とは?

多くの会社では「人事考課」を取り入れていると思います。

この人事考課は、簡単にいえば人事評価と同じような意味を持つものです。

では、人事考課を行う理由は何でしょう?と聞かれたときに、すぐに答えられますか?

おそらく、多くの方がすぐには答えられないでしょう。

人事考課の目的を「給与のため」と思っている方は多いです。

その従業員の能力をはっきりとさせ、給与に反映させるため。

また、昇給のためと思う方もいるでしょう。

確かにこれは正解と言えるかもしれません。

しかし、人事考課の目的は昇給や給与に反映させるためだけのものではありません。

人事考課を行うことにより、従業員の査定基準をはっきりとさせることができます。

その結果、従業員のモチベーションを高めたり、期待成果・期待行動を従業員に理解させることもできます。

また、人事考課を振り返ることにより上司と部下のコミュニケーション方法のひとつとしても、利用することができます。

このように、ただ昇給や給与のためだけに人事考課を行うのではありません。

ですから、それぞれ目的を明確にし、その目的に合わせて人事考課を行う。

これが会社にとっては、重要なことと言えます。

現在人事考課を取り入れている企業は、一度目的をはっきりさせるといいでしょう。


No Responses to “人事考課の目的とは?”




By submitting a comment here you grant 人に貢献する仕事をしていたい a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.